データベースパスワード解除サービス

先日、ある法人のお客様から相談を受けました。何でもデータベースが開けなくなってしまったとのこと。早速訪問してみると、確かに...。

詳しくお聞きすると、数年前まで勤務していた社員が使っていたファイルのようでしたが、その社員の方は退職後に連絡が取れなくなっている状態でどうしたら良いか困っているとのことでした。
データベースパスワードはセキュリティ上、安心して利用できる強力な機能となりますが、その反面、このような状況では業務が停滞してしまいます。
何とか、データベースパスワードを解析・解除して再利用可能にしたところ、お客様から大変感謝されました。
というわけで、この経験を活かし、広く皆様に喜ばれるサービスを始めることにしました。
もし、ご利用を検討されている方は、以下のサイトにアクセスください。

☆Accessデータベースパスワード解除サービス☆

| | コメント (0)

Access2007-テンプレートの活用

Access2007ではテンプレートの質・量とも格段に優れたものが用意されています。これは雛形として大変参考になります。Access2007起動直後の画面で[テンプレートカテゴリ]の中から分野を選択し、表示されるアイコンをクリックします。
ファイル名と作成場所のフォルダを確認したら[作成]ボタンをクリックします。

進行インジケータダイアログボックスが表示されるので、しばらく待ちます。

アプリケーション化されたデータベースが開きます。

この後、用途に応じてデザインビューでカスタマイズしていきます。


Access2007実例集:介護日誌


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Access2007-オートフォーマット

Access2007では従来に比べてオートフォーマットの種類とグレードは格段に向上しています。衣替えするような感覚でフォームのスタイルを簡単にチェンジすることができます。ここでは「F利用者マスタ」をもとにオートフォーマットの適用をおこなってみます。
デザインビューで開いたら[配置]の[オートフォーマット]をクリックします。

オートフォーマットの種類が一覧表示されるので気に入ったものを選択します。

オートフォーマットが適用されフォームの概観が変化します。


Access2007実例集:介護日誌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Access2007-リボンのカスタマイズ

Access2007では従来のメニューバーおよびツールバーに代わって[リボン]インターフェースとなりました。リボンをカスタマイズ化する方法がMSDNで紹介されています。(Access2007でのリボンの拡張
ここではリボンの非表示をおこなう設定を紹介します。
まず[Office]ボタンをクリックして表示される[Accessのオプション]をクリックします。
以下のような画面が表示されるので[カレントデータベース]を選択して[ナビゲーション]の[ナビゲーションオプション]をクリックします。

ナビゲーションオプション]では[システムオブジェクトの表示]にチェックを入れて[OK]ボタンをクリックします。

確認ダイアログボックスが表示されるので[OK]をクリックします。

テーブルオブジェクトの一覧にシステムオブジェクトが表示されます。
その中にある「USysRibbons」テーブルがリボンのカスタマイズを格納するテーブルです。ここではリボンが非表示の内容になっていることを確認してください。

[リボンとツールバーのオプション]設定で[リボン名]を「USysRibbons」テーブルにある「RibbonName」フィールド名を設定します。

この後、[OK]ボタンをクリックします。次回開いた時から設定が有効になります。


Access2007実例集:介護日誌


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Access2007-レポートの作成

ナビゲーションウインドウから元になるテーブルまたはクエリを選択しておいて[レポートウィザード]をクリックします。

[レポートウィザード]では従来通りの操作で設定していきます。

レポートのスタイルの種類はバリエーションが豊富になっています。

レポートでもメモ型フィールドではリッチテキスト形式が有効となっています。

[グループ化と並べ替え]はデザインビューの下側に表示されます。[式]は[式ビルダ]で設定確認できます。

文字列を部分選択して抽出する[テキストフィルタ]機能を備えた[レポートビュー]も新たに加わりました。

Access2007実例集:介護日誌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Access2007-フォームの作成

フォームの作成は[作成]をクリックしておこないます。
従来のフォームウィザードは[その他のフォーム]にあります。また、オートフォームに該当する機能も残っています。まず元になるテーブルまたはクエリをナビゲーションウィンドウで選択しておき、[フォーム]ボタンをクリックします。

このように[レイアウトビュー]で完成したフォームが開きます。

フォームではオートフォーマットの種類が充実しています。[その他]ボタンをクリックして確認します。

デザインの一覧からも適用可能ですが、ここで[オートフォーマットウィザード]をクリックすると詳細レイアウトが確認できます。

デザインを確認選択して[OK]をクリックします。

適用されたレイアウトとなります。

フォームをデザインビューで修正します。コマンドボタンに関しては[背景スタイル]に「透明」が加わりました。これはオートフォーマットで適用したスタイルにマッチしています。

適用されたレイアウトとなります。

Access2007実例集:介護日誌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Access2007-クエリの作成

クエリに関しては画面表示は若干異なりますが、操作方法はまったくと言って良い程、変わっていません。

デザインビューでの画面は違和感もなく、従来通りそのままの操作性です。

表示の種類も同様です。

Access2007実例集:介護日誌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Access2007-リレーションシップ

[リレーションシップ]は[データベースツール]をクリックして選択します。

リレーションシップウィンドウでの基本的な使い方は変わりません。フィールドリストの表示も従来通りです。

[リレーションシップレポート]リレーションシップの印刷も可能になっています。

自動的に作成されたリレーションシップのレポートはレポートオブジェクトとして保存できて編集することも可能です。

Access2007実例集:介護日誌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Access2007-ウィンドウの表示

Access2007ではタブ付きドキュメントとしてオブジェクトが開くようになっています。
すでに開かれているオブジェクトがタブ形式でまとめられるので切り替えが効率的におこなえます。

このタブ付きドキュメント設定の変更は画面左上にある丸い[Office]ボタンをクリックして表示される[Accessのオプション]でおこないます。

[カレントデータベース]を選択して[ドキュメントウィンドウオプション]を確認します。
従来のスタイルに戻す場合は[ウィンドウを重ねて表示する]にチェックします。

変更した場合は確認メッセージが表示されますので再度データベースを開き直します。

従来のデータベースウィンドウはナビゲーションウィンドウになりました。このナビゲーションウィンドウではカテゴリ別に表示を切り替えることができます。

目的となるオブジェクトを指定して表示することも可能です。

Access2007実例集:介護日誌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Access2007-データベースとテーブルの作成

Access97はもとよりAccess2000/2002/2003のユーザにとってAccess2007はユーザーインターフェースがかなり変更されており、移行しづらくなっていることだろうと思います。
そこでAccess2007の特徴を知るために拙作「Access2007実例集:介護日誌」をもとに、従来からの変更点を検証していきたいと思います。

データベースの新規作成は[Microsoft office Access-作業の開始]ページから[空のデータベース]をクリックしておこないます。ここでは右側に表示される[ファイル名]に作成するデータベースファイル名を入力して[作成]ボタンをクリックします。

データベースが作成され、新規テーブルの入力画面になります。ここで[×]をクリックするとテーブルは作成されません。

テーブルの作成は従来通りデザインビューでおこなえます。Access2007では[添付ファイル]というデータ型が新しく追加されています。

[メモ型]では[文字書式]プロパティとして[リッチテキスト形式]が追加されています。リッチテキスト形式にすることで選択した文字列のフォント種類、サイズ、色等の修飾がおこなえるようになります。

[フィールドプロパティ]の[ルックアップ]タブでは[複数の値の許可]プロパティの設定が可能となっています。ここでは「利用者マスタ」テーブルに複数の担当者を設定できるようにしています。

Access2007実例集:介護日誌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Access | 日記・コラム・つぶやき